読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEICのリーディングの克服!

TOEICにはリーディングとリスニングが存在しますがみなさんはどちらが得意ですか?

 

私は前回のテストまでは圧倒的にリスニングでした。

なんとリスニングとリーディングの点数に100点の違いがありました。

リスニングの方がリーディングより100点高い状況。

 

英文の読み方なんて全然わかりませんでした。

何と言いますか、一単語一単語の意味を考えていて文のつながりを理解していませんでした。

どこまでくぎれば読みやすいのかも分からずただ単に目を通して適当にマークシートに丸をつけるのがその当時の私の現状でした。

そこからどうやってリーディングを70点上げたのかをお話しします。

それは単純に文をたくさん読みました!

なんて、事実ですがそれだけではつまらないのでもうちょっと詳しくお話しすると

文法より文型を意識したということです。

副詞は動詞を修飾するとか、形容詞は名詞を修飾するとかではなくて

主語って何?述語は?thatって何を表してるの?などを見極めるということです。

これをすべての文で考えるのです。

英語は英語です。日本語は日本語です。

だから主語と述語の順番が違います。

それをもっと体に覚えさせる必要があります。

これだけで本当に文が読めてきます!

だってただ単に目を通すだけではなく文の構成を意識し始めるからです。

 

文を読むために主語と述語などにしるしをつけましょう!

1か月でTOEIC75点あがったよ!

私はTOEIC公式テスト2回目で715点取ることができました。

個人的にTOEICの点数がほしかったので少しほっとしています!

ちなみに1回目の点数は640点でした。

そう、75点1か月でアップしました。

ですが、実際にはリスニングは5点しか上がっていません!

結果を見て少しびっくりはしたもののでも「そりゃそうだわ」と思いました。

リーディングの勉強ほうが多く勉強しましたし。

でも、TOEICってまぐれって起こらないと思いませんか?

例えばある参考書通りやっても点数はまるで上がらないのに正しい勉強をしたときだけきれいに点数がのびる。

私自身TOEICの勉強法にはかなり悩みました。

だって勉強法が違うだけで10時間勉強しても点数は全くのびませんでした。

これ、、、本当です。

恐ろしく点数に影響を与えない勉強法はかなりあります。

TOEICに関してですが)

そりゃ本屋にあるTOEICの本のすべてが点数にきれいに反映されているのならこんなにTOEICに頭を悩ませているひとはいないはずです。

 

まぁ、次回に続きます!

TOEICIPテストが見つからないならこれでしょ!

TOEICの点数がどうしてもほしい、そう思っている人は今の日本にはたくさんいるとおもいます。

僕自身もそうでしたしTOEICに挑戦する理由はひとそれぞれですしでも、共通しているのはみんな点数を上げたいということ。

今日はそんな方々のためになることを教えたいと思います!

 

やはり点数を上げる一番の方法はと言われればTOEICテストを受けまくるということです。

1年間に10回も行われている公式テストでべつに1発勝負じゃなくてもいいとおもいませんか?

点数はTOEICを受けた回数に比例すると思います。

その他にもTOEICIPテストという公式テストと変わらないものもあります。

 

ただこのIPテストを受けるのに苦労した経験が私にはあります。

単純になかなか受けれる場所が見つからない。

「本校の学生のみです。」

大学で頻繁に開催されていますがほとんどがその大学の生徒のみです。

私は運よく一般の人も受けられる大学を見つけて1度だけ受けたことがあっただけです。

だから結局次の月の公式テストまでにテストが受けられないということです。

なのでわたしはe-testというものを紹介いたします!

e-testとは、、、

  • オンライン型のTOEIC模試
  • 30分間のテスト
  • ランキングが発表される
  • 約3000問から出題

ざっとこんなものですが2000円ぐらいかかりますが毎日受けられます!

高いと思うかは人それぞれですが本屋に売っているTOEICの新公式問題集は一冊400問ですからね?

今まで発売された新公式問題集をあわせてやっと3600問ですからそれを毎日受けられるのはすごくありがたいと思います。

デメリットを申し上げると・・・

  • 30分なので本番の120分の感じが得られない
  • 200問を一回で受けられない
  • TOEIC製作機関のETSが行っているものではない

この3点があると思いますが私が言いたいのは

「e-testだけ受ければいい」

という意味で言ったのではなくTOEICのテストをたくさん受けたいでも公式テストはほぼ月1回だしIPテストが受けられる場所も見つからない本番までテストを受けることができない!

そういう方々の補助的な役割としてe-testはすばらしいと言っているわけで公式テストとIPテストがあくまでも主ですから。

だってTOEIC製作機関のETSが行っていますから。

 

まとめますとTOEICIPテストが見つからない人はe-testでそなえませんか?

月額2000円のコースを選んだとしても点数を上げれば払った分の利益は得られると思うのでTOEIC受験生の方々を応援しています!

 

 <a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TCHQX+7284UY+5G4+BWVTD" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=170224089427&wid=002&eno=01&mid=s00000000706002001000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=2TCHQX+7284UY+5G4+BWVTD" alt="">